BIOEQUAについて - BIOEQUA
Home>BIOEQUAについて

パーソナルアドバイザー

 
   
ニューヨークの術後シンプルケアから生まれたBIOEQUAは、皮膚の生理バランスの活性化と超微粒子スプレー技術を結合させ、美容医学に勝るとも劣らない最高のスキンケアを生み出しました。
バランスのケアこそが最も効果的なスキンケア―― これがBIOEQUAの信念です。
美しいお肌の再生を時間が証明してくれます。
はじまり
BIOEQUA皮膚生理医学ラボの研究スタッフが、ある偶然の機会にヤケドの応急処置に使われるスプレーの存在を知り、それは薬物を瞬時にナノ化し、皮膚の基底層からヤケドを治療するという驚きの浸透力を持つものでした。その後、スキンケアに超微粒子スプレー技術を取り入れる研究が進められ、イオン導入のコンセプトを利用することでナノ化した有効成分が負電気を帯び、正電気を帯びた人体でイオンの転換が促されるため、ケア成分が効果的に皮膚の基底層まで送り届けられることが確認。こうして表皮にのみ働きかける従来のスキンケア用品の限界を超え、皮膚の奥深くまで届いて作用するスキンケアが誕生しました。
沿革
2003年
研究スタッフがヤケド治療の中で超微粒スプレー美顔器が瞬時に薬物をナノ分子に転換し、真皮まで浸透させて細胞を修復する技術を知る。
2004年
BIOEQUAの研究スタッフと超微粒スプレー美顔器を発明したMultisen社がスキンケアと特許液体ナノテクノロジーを結合させた共同研究に着手。
2005年
BIOEQUA Clinicaが誕生。アメリカの皮膚科医師が美容医学の術後ケアスプレーとして推奨。
2006年
アジアで販売開始。最高級スキンケアウルトラエキリーブルシリーズが800万本の売り上げを達成。
2012年
幹細胞様細胞培養液をの371番と291番シャーレから東洋人の皮膚に最も吸収されやすく、亜熱帯気候に適した高度な活性配合を発見し、これをベースにデトックス&バランシングシリーズを開発。
BIOEQUAについて質問窓口お問い合わせ

 

BIOEQUA, Inc. ALL RIGHTS RESERVED 2018